君の知らない世界一周物語

Read Article

ベリーズ出国、グアテマラ入国。アンティグア「ペンション田代」までの道のり

IMG_2202
12月22日、11時。ぼくはベリーズシティからバスに乗り、グアテマラのフローレスへ向けて出発した。

中南米到着から1週間。早くも3か国目(メキシコ⇒ベリーズ⇒グアテマラ)に移動する。

 

乗り心地の悪いバスに揺られること2時間と少し。ベリーズとグアテマラの国境に到着した。

 

 

まずは出国審査。

ベリーズ出国には出国税がかかるようで、出国スタンプを押してもらう前にカウンターに並ばされ、37.5ベリーズドル支払うよう言われる。(約2,200円)
IMG_2204

ぼくはベリーズドルを使い果たしてきたので、緊急用に所持しているUSドルを使った。USドルなら19ドルだ。

 

 

 

その後パスポートにスタンプを押してもらい、難なくベリーズを出国。

そのまま歩いてグアテマラ入国審査へ向かう。
IMG_2205

 

 

次はグアテマラ入国税を支払う。金額は3USドル。

 

こちらもスムーズにスタンプを押してもらえ、無事グアテマラに入国できた。

※2014年12月現在、グアテマラはビザなしで90日間滞在できる。

 

 

 

国境の向こうで待っていた同じバスに再び乗り込み、乗り換えの地フローレスを目指す。

 

 

2時間ほど走るとフローレスに到着した。巨大ショッピングモールのような場所でバスを降ろされる。
IMG_2206

雰囲気が故郷石川県のアルプラザ鹿島みたいだなぁなどと思いながらATMを探す。

※アルプラザ鹿島とは?⇒石川県の能登地方にあるショッピングモール。能登の若者はここでボウリングをしたりカラオケをしたりする。ちなみに映画館はない。

 

 

 

グアテマラのフローレスで、アルプラザ鹿島みたいな場所をウロウロする。

そのへんの従業員に「ドンデ エスタ ATM?」と話しかけ、ATMの場所を聞く。

※「ドンデ エスタ ○○?」で「○○はどこですか?」という意味のスペイン語。

 

 

見つけたATMでグアテマラ通貨「ケツァール」(以下・ケツと表記)を引き出す。

1ケツ=約15円。とりあえず3万円分(2,000ケツ)おろしてみた。

 

 

 

腹も減っていたので、スーパーでリンゴとコーラを買う。
IMG_2208

 

リンゴでは満足できず、そのへんにあった庶民的レストランに入店。ハムとチーズのサンドイッチを食べた。15ケツ。(約225円)
IMG_2210

温かくてチーズがほどよく溶けており、うまかった。

 

 

 

腹ごしらえを終え、グーグルマップを確認する。

ここアルプラザ鹿島からフローレスのバスターミナルまでは約2km。そこでグアテマラシティ行きのバスに乗らなくてはいけない。

 

まだ明るくて危険そうな感じもしない。たった2kmだし、当然のように徒歩を選択。

歩道らしい歩道もない道路だが、歩けないことはない。
IMG_2211

 

 

30分ほど歩くとフローレスのバスターミナルに到着。
IMG_2213

このとき17時30分。バスの発車時刻は20時なので、適当なレストランで時間をつぶす。
IMG_2214

IMG_2216

IMG_2218

 

 

 

20時になったのでバスに乗り込む。

このバスがなかなかよかった。

Wi-Fiはないが、トイレがある。フットレスト付きの広いシート。よく眠れそうだ。
IMG_2220

 

 

 

 

翌朝7時30分。バスはグアテマラシティに到着。
IMG_2221

 

腹がすいていたので、バスターミナル内のレストランで簡単な朝食をとる。
IMG_2222

IMG_2223

 

グアテマラといえばコーヒーが有名だが、このときのコーヒーは安物のインスタントの味がした。

ぼくはコーヒーが好きだ。グアテマラ滞在中に本格的なコーヒーが飲みたいな。

 

 

 

さて、ここからさらにアンティグアへ向かう。グアテマラシティからアンティグアまでは20kmほど。

チキンバスとよばれるローカルバスを使う手もあるが、強盗が出て危険だというウワサもある。どうするか。

 

 

迷った末、タクシーを選択。
IMG_2227

25ケツしか値切れず、グアテマラシティからアンティグアまで200ケツ(約3,000円)だった。

少し高い気もするが、安全を買ったと思えば安いもの。

※聞いた話では、チキンバスなら数百円らしい。

 

 

 

グアテマラシティはグアテマラの首都なので、そこそこ都会だ。タクシーの窓から街並みを眺めていると、マクドナルドやバーガーキングなどのファーストフード店がちらほら見えた。
IMG_2226

IMG_2228

 

1時間ほどでタクシーが止まった。どうやらアンティグアに到着したようだ。

タクシー内でグーグルマップを見ると、今回の宿「ペンション田代」までは400mとの表記。ここで降りて歩くことにした。

IMG_2229

IMG_2230

 

ここアンティグアは都市自体が世界遺産に登録されているらしい。

歴史を感じさせる石畳の道や、遺跡のような建物が並んでいる。

 

どこかヨーロッパの街並みを思わせる景色だ。

 

 

 

10分ほど歩くとペンション田代に到着。アンティグアの有名な日本人宿である。
IMG_2233

IMG_2236

IMG_2237

広いキッチンと屋上の物干スペース。水周りも清潔でなかなか好印象だ。

 

2014年12月現在、ペンション田代はドミトリーが1泊55ケツ。(約870円)

2泊以上すると1泊50ケツになる。

 

 

 

部屋に荷物を置き、ぼくはさっそく近所の市場へ向かった。

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 私も1ヶ月後にグアテマラに行こうと思うのですが、トラブルなどなかったでしょうか??

Leave a Reply

*

人気記事ランキング

Return Top