君の知らない世界一周物語

Read Article

スペインからメキシコへ。日本人宿「カサ吉田」への道のり

12月15日。ついにこの日がやってきた。

ぼくにとっての新世界、中南米。

スペインのマドリードからメキシコのカンクンへ飛ぶぞ。

 

3泊した居心地のいい宿をチェックアウトし、地下鉄でマドリード空港へ向かう。
IMG_1961

 

 

14時55分のフライトだが、11時には空港に着いてしまった。チェックインカウンターが開くのは12時30分。それまで空港内をぶらついたり、音楽を聞いたりして過ごす。
IMG_1962

 

ここで、ポケットの中に2.1ユーロぶん(約300円)の硬貨が残っていることに気づく。

これからぼくが向かうのは中南米。ユーロ硬貨など持っていても仕方がない。なにか食べ物に変えてしまおう。

 

 

なかなかいい食べ物が見つからず、小さなチョコレートを2.05ユーロで購入した。高級なチョコレートだ。あとで食べよう。
IMG_1965

 

 

 

そうこうしているうちにチェックインの時間になった。列に並び、航空券を発券してもらうが、ここで一悶着あった。

 

空港でチケットを発券してもらうときの手順は、おおまかに説明すると以下のようになる。

1.インターネット上でクレジットカード決済にてチケットを購入する。

2.空港のチェックインカウンターでパスポートを提示し、チケットを受け取る。

3.荷物チェックやパスポートチェックを抜けて飛行機に乗る。

 

 

いつものようにカウンターでパスポートを提示すると、以下のように言われた。

受付「帰りの航空券は持っていますか?」

ぼく「持っていません。メキシコから陸路でグアテマラへ抜ける予定なので」

受付「それではあなたを飛行機に乗せることはできません。メキシコを出国するための航空券をいまここで購入してください」

ぼく「えっ」

電流走る。

 

この旅でもう何度となく飛行機に乗ってきたが、こんなことを言われたのは初めてである。

 

ぼく「なんとかなりませんか?」

受付「なりません。航空券を購入してください」

受付の女性はそう言ってぼくを突っぱねようとする。ぼくは納得がいかなかったので、近くに立っていた関係者2名を呼び、交渉してみた。

ぼく「これからメキシコに飛びたいんだけど、”片道航空券では飛行機に乗せられない”とこの人が言うんです。なんとかなりませんか」

受付の女性を身振り手振りで会話に巻き込み、話を大きくする。受付女性は少しめんどくさそうな表情をした。

 

すると関係者らしき男性は受付女性になにかを言って、その場を立ち去った。

 

受付「いいでしょう。航空券を発券します。ですが本来なら出国チケットも必要なんですよ。今回は例外ですからね」

なり「グラシアス」

 

 

無事チケットを発券してもらえた。

一体なんだったんだ。

 

 

 

 

荷物チェックとパスポートコントロールを抜け、空港内を電車で移動する。広い空港だ。

そして見つけたVIPラウンジにプライオリティパスを使って入場。

 

朝から何も食べていなかったので、ものすごく腹が減っている。今回のラウンジはなかなかの品揃えだ。
IMG_1966

IMG_1967

IMG_1968

IMG_1971

IMG_1973

チョコドーナツがうますぎて4個も食べてしまった。

 

 

 

搭乗時刻になったので飛行機に乗り込む。
IMG_1977

 

予定時刻を少し遅れて飛行機は離陸した。これから11時間のフライトだ。一度のフライト時間としては、この旅の最長記録である。

 

 

 

長いフライトだったので、機内食が2回出た。
IMG_1978

 

 

 

 

ウトウトしたり読書したり音楽を聞いたりして過ごす。

 

 

ぼくは客室乗務員の仕事ぶりを見るのが好きだ。洗練された服装に、無駄のない流麗な動き。

人の働く姿を見るのは楽しい。

 

 

 

 

19時30分頃。飛行機はカンクン空港に到着した。

出発がスペイン時間15時頃、11時間のフライトで、到着はメキシコ時間19時30分。あれ?と思うかもしれないが、これで正しい。ぼくは時差を飛び越えたのだ。

 

 

 

 

空港でメキシコ通貨「ペソ」を入手する。50ユーロ両替えしたら720ペソになった。さすが空港。レートが極悪である。

しかしバスに乗るためには仕方がない。現金が必要なのだ。

 

 

空港を出るとすぐにADOバスが見つかった。これでカンクンの中心部へ向かう。
IMG_1981

 

バス料金は64ペソ。1ペソ=約8円なので、500円程度か。

 

 

 

21時30分。バスはカンクン市街地のADOバスターミナルに到着した。
IMG_1985

 

 

メキシコは日本と同じ北半球の国であり、12月は季節的には冬である。しかし夜でも暖かく、半そでの人が大半だ。

 

 

 

 

バスターミナルを一歩出て周囲を見回し、気を引き締める。

ここは中南米。

これまでに会った多くの旅人から「中南米は危ない」と聞かされてきた、その中南米にぼくは来たのだ。

 

 

しかし、やることはいつもと変わらない。グーグルマップを起動し、目印をつけてきた宿「カサ吉田」の位置と方角を確認する。

バスターミナルから宿への移動など、いままで何度となくこなしてきた。簡単簡単。

 

 

 

早歩きで夜道を行くこと約10分。迷うことなく宿に到着した。
IMG_1987

 

 

 

 

カンクンの有名な日本人宿、カサ吉田。今回はここに2泊して、今後のルートを考えるつもりだ。

 

チェックインを終えてシャワーを浴び、ベッドに横になる。

 

 

カンクンの夜は想像以上に静かだ。

 

 

 

「長い一日だった」

30時間以上にも感じた一日を振り返りながら、ぼくは中南米の初日を終えた。

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは。
    2年前、僕がスト企のとき、神田周辺の物件でお世話になりました金子です!
    覚えておられますでしょうか。

    ブログ、ちょくちょくと読ませていただいております。
    僕も以前メキシコへ旅行にいったとき、カサ吉田に泊まったので、懐かしくてコメントしました。
    (そこには1泊しかできませんでしたが)

    オーナーが作るBBQがうまかったこと、メキシコって国はおもしろいところだな、ということを思い出しました。
    また楽しい、たまにバプニングあるブログを期待してます!
    旅、楽しんでください。

    • >金子くん

      お久しぶりです。もちろん覚えてますよ。

      ブログ読んでいただきありがとうございます!

kaneko への返信 コメントをキャンセル

*

人気記事ランキング

Return Top