君の知らない世界一周物語

Read Article

イニシエーション・ラブ〜もしまた二人旅するとしても〜

IMG_3066
「次もし誰かと二人旅するようなことがあっても、ぼくはブログを書き続けるよ」

ウユニ村のカフェで、ぼくは公言した。

 

当ブログ「君の知らない世界一周物語」(略称キミセカ)を、旅のスタート当初から読んでくれている読者のあなたなら知っているだろう。

ぼくは2014年9月〜11月の約1か月半、ある女性と二人旅をしていた。それで、ブログを書けなくなった。

いや、書けなくなったというよりは、「ブログはいまは別に書かなくてもいいや」と思ってしまっていたのだ。

告白しよう。あの頃のぼくは、読者であるあなたを軽視してしまっていた。

 

 

 

 

 

2月16日、ウユニ村。昼下がりのカフェにて。

ぼくはある女性とコーヒーをすすっていた。

 

この女性とぼくの関係を説明すると、半年前にネパールで知り合ってからぼくのブログをいつも読んでいてくれて、ことあるごとに応援メッセージをくれる、大切な仲間だ。

 

そんな彼女と、ここウユニで半年ぶりの再会を果たした。

 

 

この半年のお互いの近況報告。これからのルート。ブログのこと。いろいろなことを話した。

その会話の中で、彼女はこう言った。

「なりくん、二人旅の期間中はブログ書かなかったでしょう。あれで読者かなり減ったと思うよ。私でさえ、一度は読む習慣がなくなっちゃったもん」

 

アルコール入りのまずいコーヒーをすすりながら聞いていたぼくは、こう言われてはっとした。

 

 

「すばらしいブログでは、書き手と読み手のあいだに信頼関係が成り立っている」と、ぼくは思っている。

貴重な時間をさいて、毎日ブログを訪問してくれる読者のために、新しい記事を用意しておき最大限のおもてなしをする。それがブロガーのあるべき姿であり、ぼくがなりたいブロガーだったはずだ。

 

ブログを訪問してくれたのに、記事が更新されていない。

これは、読者への裏切り行為だ。

 

ぼくは東京のラーメン店めぐりをしていた時期がある。たくさんのラーメン店を訪問したが、たまに”営業時間内のはずなのに、高い確率で閉まっている店”があった。

期待に胸を躍らせてラーメンを食べに来たのに、やっているはずの店がやっていないのである。クソみたいな運営姿勢だ。

これはぼくら顧客への裏切り行為だ。ぼくは当時、そう思ったものだった。

 

 

ぼくが嫌ったはずのクソみたいな運営姿勢。二人旅をして、ぼくはいつの間にか、そんなクソブロガーになってしまっていたのだった。

 

そういえば、別の友人からも、次のように言われたことがある。あれは二人旅を終えた頃だった。

友人「なり、二人旅期間中のブログやFacebookは正直言ってクソだったよ。これからはもっとおもしろい文章を書いてくれよ」

手厳しいコメントではあるが、一理あるかもしれない。

 

 

 

 

ぼくがいまやりたいことは、どんな状況であろうとブログを書き続けることだ。

こうして文章を打ち込むパソコン画面の向こうには、読者であるあなたがいる。ぼくはあなたにぼくの文章を読んでほしい。だからぼくはブログを書きたい。

 

 

まずいコーヒーの入ったカップを置き、ぼくは彼女にこう返した。

「次もし誰かと二人旅するようなことがあっても、ぼくはブログを書き続けるよ」

それを聞いた彼女は、にっこりと満足げに微笑んだ。

 

 

 

 

「またどこかで」

カフェを出て、彼女と握手を交わし別れる。

 

ぼくはそれから、Hotel Avenidaへ遊びに行った。

仲間といろいろなことを話した。

 

 

 

おすすめの小説という話題になり、ぼくは乾くるみ「イニシエーション・ラブ」を紹介した。

この小説は、ぼくがいままでに読んだ小説の中でも、トップクラスにおもしろい恋愛小説である。

まだ読んだことがない人は、ぜひ一度は読んでみてほしい。

 

 

 

 

夜、AvenidaからWara del Salarに戻ったぼくは、ベッドに寝転びながら考えていた。

「あの二人旅も、ぼくにとってのイニシエーション(大人になるための通過儀礼)だったのかもしれないな」

 

 

 

ウユニ村は、いまはカーニバルの時期なので夜もうるさい。

なにかの音楽が、窓の外から爆音で流れてくる。ときおり爆竹も鳴る。

 

 

いろいろな音をベッドの上で聞きながら、ぼくは思った。

「成長した精神をもつ人間は、過去の出来事に、当時とは別の意味付けができる。ぼくはいままさに、そのイニシエーションの中にいるのかもしれない」

 

「大人になる」という響きには、少しのノスタルジーと大きな希望を感じる。

この日ぼくが感じたのは、名状しがたい満足感と、二人旅の相方への感謝だった。

※名状(めいじょう)しがたい⇒言葉にできないような。

 

 

 

 

ウユニの新月は近い。

明日も多くの旅人がウユニにやってくるだろう。

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ごめん!自分は「そうさんの記事」からの読者だからー!
    「金銭を受け取れば『プロ』」だと聞いたことがあります。そういう意味では、ネット広告で収入を得ている以上(額の多寡は関係ねえ。)「プロブロガー」なのですね。
    だけどもだけど、そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!
    旅を楽しむことを最優先にして、Wi-Fi探しに時間を割きすぎたり、ブログのために睡眠を削ったりはやめてけれ。オッパッピー!

    • なり@管理人

      >トゥカンさん
      お気遣いありがとうございます。適度にがんばります^^

Leave a Reply

*

人気記事ランキング

Return Top