君の知らない世界一周物語

Read Article

ミケランジェロ広場観光。超楽しい節約方法とは?

8月22日、フィレンツェ。

寒さで目が覚めた。

まずい。風邪をひいてしまったか?

 

寒さで目が覚めるときは、たいてい喉が痛くなっていたり、腹を壊していたりするものだ。

今日は運よく、体のどこにも異常はないようだった。気をつけねば。

 

それにしても、フィレンツェの朝晩は冷え込む。まだ8月だというのに、早朝は長袖が手放せない。

 

 

 

日本から持ってきた薄手のカーディガンも、そろそろ買い替え時かもしれない。

このカーディガンは軽くて便利なのだが、ボタンやファスナーがついていないので前面を閉じることができない。そのため、腹部・胸部の防寒力が弱い。

これから冷え込むヨーロッパ。このままでは、近い将来風邪をひいてしまうだろう。

 

 

「厚手のパーカーがほしいな」

そう思いながら宿を出る。朝の散歩だ。

 

今日はミケランジェロ広場に行ってみよう。高台からフィレンツェの街並みが見下ろせる、人気観光スポットだ。

 

 

カーディガンを羽織り、ビーチサンダルをぺたぺたと鳴らして歩く。ビーチサンダルでは足元が少し冷えるな。冷えは足元から来るものなのだ。

 

 

 

早朝の散歩は気持ちがいい。

寝起きの体に太陽が染み込み、全身の細胞が喜んでいる感じがする。

朝日に照らされるヴェッキオ橋

朝日に照らされるヴェッキオ橋

 

30分ほど歩きミケランジェロ広場に到着。

急な坂道を上りきったとき、その光景に言葉を失った。
IMG_8201

朝の美しいフィレンツェ。

 

 

まだ8時30分ということもあり、観光客はまばらだ。

 

 

 

広場にはいくつかの露店が出ている。

ふと見てみると、パーカーが売られているではないか。試着してみると、ほどよくフィットして着心地がいい。

 

15ユーロを10ユーロ(約1,370円)に値切り、Mサイズのパーカーを購入。
IMG_8205

 

 

カーディガンをその場でゴミ箱に投げ入れ、パーカーに着替える。

これでしばらくは防寒は大丈夫そうだ。

 

 

 

久しぶりにいい買い物をした。

 

いい気分で広場から宿に戻る途中、スーパーを見つけたので入店。

僕は海外のスーパーを見るのが好きだが、フィレンツェではスーパーをあまり見かけない。

 

貴重なスーパーを発見したことで、さらにテンションが上がる。

 

 

スーパーの店内を物色。
IMG_8208

 

リンゴ1個、トマト3個、パン2個、生ハム100グラム、缶コーラ1本を購入。
IMG_8209

しめて3.95ユーロ。(約550円)

やはりスーパーは安くていい。肉の量り売りも楽しいし、スーパーは最高のアトラクションだ。

 

 

 

部屋に戻り、さっそく生ハムのサンドウィッチを作る。
IMG_8210

生ハムは100グラムで1ユーロ弱。100グラムの生ハムは、サンドウィッチ2個作れるぐらいのボリュームがある。

たっぷりと生ハムを挟み、豪快にかぶりつく。言うまでもなくうまい。

しょっぱい生ハムに、サクッとしたパン。いずれもシンプルで申し分ない味だ。

 

 

トマトは切るのが面倒なので丸かじりする。甘くてうまい。ぺろりと3個たいらげてしまった。

 

 

 

物価の高いヨーロッパで楽しく節約するには、なるべくスーパーを利用するのがコツだ。

今後もスーパーを多用していきたい。

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. イタリアのパンは日本のものと随分ちがうね。
    フォカッチャってやつかな?

    連日のサンドイッチ押しに釣られて、自分でも作ったわ(笑)

    • なり@管理人

      >トシ

      サンドイッチは簡単だからいいよね。

      イタリアのパンは日本のよりも硬めかも。サクッとしてる。

Leave a Reply

*

人気記事ランキング

Return Top