君の知らない世界一周物語

Read Article

スリランカ入国。深夜のバンコク空港で、夜のピクニック

7月25日、金曜日。

今日は大移動。

ラオスからタイを経由して、スリランカへ向かうぞ。

 

移動ルートは以下のとおり。

ラオス・ビエンチャン

↓バス

タイ・ウドンターニー空港

↓飛行機

タイ・バンコク スワンナプーム空港

↓空港泊からの早朝飛行機。

スリランカ・コロンボ バンダラナイケ空港

 

なんといっても今回の移動のポイントは空港泊である。

バンコク スワンナプーム空港(以下、バンコク空港)は東南アジアの中心的国際空港で、ここから世界各方面へ飛行機が飛んでいる。

今回、僕がスリランカへ向かう飛行機は、このバンコク空港を7時15分に出発する。

この7時15分というのが微妙な時間帯で、宿をとって早起きして向かうか、前日入りして空港泊か、悩ましいのだ。

悩んだ結果、以前から空港泊をやってみたかったというのもあり、今回はあえて空港泊を選択した。

 

 

 

話をビエンチャンに戻そう。

7月25日の朝、ビエンチャンの宿で目覚めた僕は、チェックアウトしてバスターミナルへ向かった。

途中で遅めの朝食。
IMG_7304

 

フランスの凱旋門を模した建造物も遠くからチラッと見た。
IMG_7312

 

 

10時20分頃、バスターミナルに到着。

タイのウドンターニー行きのバスがちょうど10時30分発だったので、チケットを買って乗り込む。
IMG_7314

ビエンチャンからウドンターニーまでは60kmほどだが、バス料金は22,000キープ(約330円)と安い。

 

 

僕のとなりの席には現地人っぽい男性が座っており、彼は東南アジア的なフルーツを食べていた。

ライチに似た香りのフルーツが、ビニール袋いっぱいに詰まっている。

 

バスが動き出すと、となりの男性が話しかけてきた。

男性「よかったら食べませんか?腹がふくれてしまって…」

 

 

僕はお礼を言って、フルーツを2粒もらった。
IMG_7316

慣れない手つきで皮をむき、食べてみる。

みずみずしくてほんのり甘い。うまい。

 

男性の名前はジョーといった。23歳のタイ人。ビエンチャンで働いているが、今日は友達とウドンターニーに遊びに行くところらしい。

たしかに、通路を挟んだ向こう側に、ジョーの知り合いらしき女性と男性が座っている。

 

ところで、ジョーがくれたフルーツの名前は「ラムニャイ」というのだそうだ。

僕が「ラムニャイ、アロイ(おいしい)」と伝えると、ジョーはうれしそうに笑い、さらに追加のラムニャイをくれた。
IMG_7317

IMG_7318

 

 

バスはメコン川沿いの道を走っていく。

「メコン川の向こうはタイだよ」とジョー。
IMG_7319
 

 

 

30分ほど走っただろうか。バスはラオスータイの国境に到着。

問題なく通り抜け、タイに入国。

 

 

13時頃、バスはウドンターニーのバスターミナルに到着した。

飛行機の出発は19時45分。どこかで時間をつぶすか…と思っていると、ジョーが話しかけてきた。

「今日は僕の彼女と、僕の男友達と3人で遊びにきたんだ。これからランチを食べるんだけど、ナリも一緒にどうだい?」

渡りに船とばかりに受け入れ、4人でランチ。そのへんで見つけた屋台でヌードルを食べた。
IMG_7322

 

僕がお金を出そうとすると、ジョーが制止して言う。

「ここは僕が払うよ。そのかわり、もし僕が日本に行くときは何か奢ってね」

さわやかな笑顔だった。

ありがとう、ジョー。

 

 

ランチを終え、3人と別れる。その背中を見送りながら、ふと僕は思った。

「男2人に女1人。ノルウェイの森みたいだな」

 

彼女とくっついて歩くジョーと、その後ろを離れて歩く、ジョーの男友達。

僕はそこに、ある種の寂しさを共感せずにはいられなかった。その寂しさが村上春樹に由来するものなのか、実体験に由来するものなのか、僕にはわからなかった。

 

 

 

ジョーたちと別れてから、僕はぶらぶらと時間をつぶした。ミスドでドーナツとコーヒーを楽しみ、電気屋でiPhoneのパーツを物色した。
IMG_7325

 

気がつくと夕暮れどきになっていた。

 

 

 

トゥクトゥクでウドンターニー空港へ向かう。まったく理解できないタイ語で、ペラペラと楽しげに話しかけてくる運転手。どこかで見た風景だな、と僕は思った。

 

 

19時45分。バンコク行きの飛行機は予定時刻どおりに離陸。

1時間ほどのフライトで、21時頃バンコク空港に到着。

さあ、これから朝まで長丁場だぞ。

 

 

 

僕はプライオリティパスを持っているので、出発ロビー内に入りさえすればラウンジが利用できる。

しかし、バンコク空港では通常、チェックインは離陸時刻の3時間前からだ。今回は7時15分離陸なので、出発ロビー内に入れるのは早くても4時30分頃ということになる。

4時15分まで出発ロビーの外で時間をつぶそう。

 

 

 

22時頃の空港内。大勢の人。
IMG_7329

IMG_7330

 

 

バンコク空港はとてつもなく広い。そしてその広さに見合った数のベンチがある。席と席のあいだの邪魔な手すりがないタイプのベンチなので、体を伸ばして寝られる。地べたに座っている人もいた。

ところどころにコンセントもあるので、スマホやパソコンも充電できる。残念ながらフリーWi-Fiは飛んでいないようだった。

 

 

24時頃。バックパックを枕にして、ベンチに寝てみる。が、どうも落ち着けず、ウトウトするだけになってしまった。

 

3時頃に起きて、空港内をウロウロと散策。さすがにこの時間になると人も少ない。

 

気づくと4時を過ぎていたので、チェックインカウンターに並ぶ。

 

 

4時15分。チェックインカウンターがひらき、スリランカ行きの航空券を入手。

荷物チェックを通過。

出国審査窓口で、パスポートにタイ出国スタンプを押してもらう。

 

4時40分。ようやくラウンジで一息つけた。
IMG_7334

料理に期待していたが、サンドウィッチ・パン・スナック類・フルーツしかなくて、少しがっかりした。

以前ここのラウンジに来たときは、すごくうまいカレーライスが置いてあったのに…
IMG_7332

 

別のラウンジにならマシな料理が置いてあるかもしれない。そう思ってラウンジを3つハシゴしてみたが、結局どこも同じものしか置いていなかった。
IMG_7335

IMG_7336

2時間でバンコク空港のラウンジを3つもハシゴしたのは、おそらく僕だけだろう。

もしかしたら、時間帯や季節によって、ラウンジの料理も変わるのかもしれない。そう結論づけ、僕は幻のカレーをあきらめた。

 

 

 

スリランカ行きの飛行機は、予定どおり7時15分に離陸。

 

11時30分頃、コロンボ・バンダラナイケ空港に到着した。

空港の両替所で、タイ・バーツをスリランカ・ルピーに両替えする。

700バーツ(約2,100円)が2800ルピーになった。1ルピー=約0.7円といったところか。

 

 

 

空港を出ると、例によってタクシーやトゥクトゥクの運転手が群がってくる。

全部無視して、僕はローカルバスを探す。今までの経験上、たいてい空港からは安いローカルバスが出ているものなのだ。

 

タクシー運転手の攻撃を華麗にスルーし、歩き続ける。空港の入口から少し離れた場所で、僕はそれを見つけた。市街地へのバスだ。
IMG_7340

予想どおり、バスは安かった。約30km離れたコロンボ中心部まで、120ルピー(約80円)。

 

 

13時。バスはコロンボのセントラルバスターミナルに到着。
IMG_7342

腹が減っていたので、ターミナル内のカレー屋でカレーライスを食べた。チキンと豆がうまい。ライスにはほとんど粘り気がない。僕の好きなパサパサライスだ。料金は170ルピー(約120円)。
IMG_7344

 

 

 

腹もふくれたところで、次の移動。

コロンボから130kmほど離れた町・ダンブッラへ向かう。

ダンブッラで1泊して、翌朝シギリヤロックを見に行くのだ。

僕がスリランカで唯一見たいもの。それが世界遺産・シギリヤロックである。

 

 

「ダンブッラ行きのバスはどれですか?」

係員っぽい人に聞くと、15番のバスに乗れとのこと。
IMG_7345

乗り込んだバスは、とてつもなくボロかった。
IMG_7346

 

 

ところで、スリランカのバスは、ドアが開いたままの状態で走る。

しばらく見ていると、なぜドアを開けたまま走るのかがわかった。

理由のひとつは乗り降りの時間短縮。バスはしっかり停まってくれない。ときには、低速で走りながら乗客を拾う。高齢者に優しくないバスだな、と僕は思った。

もうひとつの理由は、物売りが出入りしやすいように。スリランカでは、バスが停車したり、スピードが緩くなったりすると、路肩に待機していた物売りが乗り込んでくる。カゴにペットボトルの水やお菓子を入れて、バス車内で売るのだ。

いいシステムだ。僕はちょうど喉が渇いていたので、水を買った。

 

 

 

ガタガタの道路を走ること5時間、バスはダンブッラに到着した。時刻は18時30分頃。

路面状態が悪いので、たった130kmの距離に5時間もかかるのだ。

「帰りもこれに乗らなきゃいけないのか…」

僕は少し絶望した。しかし絶望を恐れてはいけない。絶望と向き合える人間だけが、希望と出会うことができるのだ。

 

 

 

バスを降りて周囲の状況を確認。なかなかの田舎っぷりだが、ATMがあったのでお金をおろす。10,000ルピー(約7,000円)おろしたら、札束が出てきて焦った。500ルピー札16枚と、100ルピー札20枚。

 

そうこうしているうちに、時刻は19時をまわろうとしている。

今回は宿を予約していない。が、宿が集中しているエリアはあらかじめグーグルマップで調べてきているので問題ない。距離は2km程度。時間もあるし、街を見ながら歩いていこう。

 

宿密集エリアを目指して歩いていると、すっかり暗くなってしまった。

途中、見つけたレストランで夕食。野菜チャーハン150ルピー。(約120円)
IMG_7349
パラパラライスだと、何を食べてもおいしく感じるのはなぜだろう。

 

 

その後、道路沿いに宿を発見。部屋を見せてもらうと、なかなかいい感じだったので、ここに1泊することにした。

個室で1,800ルピー(約1,400円)と、やや高めの印象。しかし、Booking.comで調べたところ、ダンブッラの宿はこのぐらいが相場らしかった。
IMG_7350

 

 

 

長い移動だった。

シャワーを浴びてベッドに横になると、スイッチが切れたロボットのように眠りに落ちた。

明日はいよいよシギリヤロックだ。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

人気記事ランキング

Return Top