君の知らない世界一周物語

Read Article

【サッカーボール没収】南米突入、アナ雪、最高級ラウンジ

1月12日。20泊もしたペンション田代をチェックアウトし、ぼくはグアテマラシティの空港へ向かった。

今日はいよいよ中米を抜け、南米大陸に移動する。

 

これまでの最長連泊記録は、エジプト・ダハブの宿「セブンヘブン」での17泊だったが、それを上回る20連泊。

ペンション田代、本当に居心地がいい宿だった。

ペンション田代のいいところは、広いキッチンがあること。なんとガスコンロが12口もある。
IMG_2321

 

ぼくはあまり自炊しない旅人だが、この広いキッチンではいろいろ自炊した。自炊をしっかりやっていた大学時代を思い出す。

 

モツ鍋。
IMG_2278

IMG_2281

 

からあげ定食。
IMG_2348

 

アボカドパスタ。
IMG_2356

 

みんなでギョーザを作ったのも楽しかった。
IMG_2341

 

 

ペンション田代の屋上からは富士山級の山が見える。
IMG_2376

雲をかぶったりもする。
IMG_2331

 

ぼくはシングルの部屋に泊まっていたのだが、窓からこの山や星空が見えて気持ちがよかった。
IMG_2318

 

 

 

屋上の飲食スペースに行くとたいてい誰かがいて、一緒にビールやコーヒーを飲んで語り合った。

ありがとう、ペンション田代と、一緒に過ごしてくれた仲間たち。

 

 

 

 

12時30分。宿からピックアップバスに乗り、グアテマラシティの空港へ向かう。

 

次の行き先は南米大陸のエクアドル。

グアテマラからエクアドルへ飛んだ仲間からの情報によると、グアテマラからエクアドルへ飛ぶときはエクアドルを出国するチケットも必要とのこと。それを持っていないと、搭乗券を発行してもらえないらしい。

なので、事前にエクアドルからペルーへ向かうバスチケットも購入しておいた。準備は万全だ。

 

 

 

14時頃にグアテマラシティのラ・アウロラ空港に到着。
IMG_2379

 

今回利用するのはアビアンカ航空。

少し緊張しながらチェックインカウンターへ向かう。

 

 

すると、エクアドル出国については特に聞かれることもなく、すんなり搭乗券を発行してもらえた。対応者によって違うのかもしれない。

 

 

 

搭乗券を持ち、荷物検査へ向かう。ここで予想外の出来事が起きた。

ぼくはバックパックにサッカーボールを入れているのだが、これが荷物検査で引っかかり、まさかの没収となったのだ。

「空気を抜けば持ち込んでもいい」と言われたが、ボールの空気を抜くことなんて簡単にはできない。

ぼくは「じゃあ、いりません。捨てといてください」と即答して立ち去った。

 

このときのぼくの心境は、

「やった!荷物が大幅に減った!」という気持ちと、

「ああ、さよならmy friend」という気持ちだった。

 

必要になったらまた買えばいい。それがダンシャリアンの生き様だ。

 

 

 

 

さて、トモダチを失ったが、気を取り直して空港内を進む。

フライト時刻は16時54分。まだ時間があるのでVIPラウンジへ向かう。いつものようにプライオリティパスを利用して入場。

 

う〜ん、グアテマラ空港のラウンジはしょぼい。コーヒーや水、チーズやピーナッツといった軽食しか置いてない。

仕方ないので、アンティグアで買ってきたうまいバナナケーキを食べた。
IMG_2380

 

 

 

時間になったので飛行機に乗り込む。
IMG_2382

 

機内に設置された液晶テレビをいじっていると、映画「アナと雪の女王」を見つけた。

英語版、スペイン語版、ポルトガル語版が選択できる。

 

アナ雪。ぼくはこれを金沢の映画館で見た。日本語吹き替え3D版を見て酔った。レリゴーのメロディーと、苦い記憶がよみがえる。

 

ストーリーは覚えているので、今回は勉強のためにもスペイン語吹き替えで見てみることに。

 

 

 

 

、、、見始めてすぐに絶望した。

名前しか聞き取れない。アナ、マジでスペイン語ペラペラ。

 

アナがハンスと出会うシーンぐらいまでがんばったが、そこで見るのをやめた。

 

数分ほど考えて、今度は英語版で見ることにした。

英語版はそこそこ聞き取れた。

 

 

途中、機内食を食べながらアナの冒険を見守り、物語も終盤。

終盤はスヴェン(トナカイ)のターンである。

「相変わらずスヴェン、いい仕事するなぁ」と感心しながら、キャビンアテンダントに水をもらう。

 

 

 

「アナとエルサ、彼女にするならどっちがいいかなぁ?」などと、中学生のような疑問が浮かぶ。

「アスカとレイ」「シェリルとランカ」「世界と言葉」、、、二大ヒロインのアニメ作品があまり思い浮かばず、ぼくもまだまだアニオタとして未熟だなと感じる。精進せねば。

 

 

そんなことを考えているうちに、アナ雪はフィナーレを迎えていた。日本帰ったら雪だるま作ろう。

 

 

 

アナ雪が終わってしばらくすると、乗り換え空港であるコロンビア・ボゴタのエルドラド空港に到着した。

荷物チェックを通過し、VIPラウンジへ直行する。

ここが最高級すぎた。
IMG_2384

IMG_2385

IMG_2386

IMG_2387

IMG_2390

広々とした空間に、居心地のいいソファー。食べ物や飲み物も充実。

驚いたのは、グアテマラの高級ラム酒「RON ZACAPA」が置かれていたことだ。
IMG_2389

このZACAPAは、日本のバーで飲むとグラス1杯1,000円ぐらいするらしい。

ぼくもアンティグアで宿のみんなと瓶で買って飲んだが、なかなかの味だった。

 

VIPラウンジでは、ビールもワインも飲み放題だ。しかし、ぼくはラウンジでは基本的に酒は飲まない。直後に飛行機に乗るので、体調は万全にしておきたいからだ。

なので、このZACAPAも華麗にスルー。

 

 

 

少し腹ごしらえをして、エクアドル・キト行きの飛行機に乗り込んだ。

となりの席が空いていたので、広々と足を伸ばせて快適だった。乗り物の長時間移動では、できるだけ足を上げるとラクなのだ。
IMG_2391

 

2時間も乗っていなかったと思う。深夜0時30分頃、エクアドル・キトのマリスカル・スクレ国際空港に到着した。

エクアドルの通貨はUSドル。ドルはすでに所持しているので、急いでATMを探す必要もない。

 

 

税関をスムーズに通過し、空港内のカフェでこのブログを書いている。←いまここ
IMG_2394

現在時刻は1月13日、火曜日の午前3時40分。日本時刻は13日の18時前後だろう。

このブログを投稿したら、朝を待ってキトの市街地へ移動する。

 

南米大陸1か国目、エクアドル。この国では、どんな物語がぼくを待ち受けているのだろうか。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

人気記事ランキング

Return Top