君の知らない世界一周物語

Read Article

チョコクラッカーを配る日々。初のマクラメ作り

IMG_2841
ここ最近、毎日のように食べ散らかしているチョコクラッカー。ペルーで買うことができる”世界一うまいチョコ菓子”である。(ぼくが勝手に言ってるだけ)

宿で会う人会う人にチョコクラッカーを配り続けているので、ぼくは製菓会社の売り上げに貢献していると思う。

 

昨日も大パックを3袋購入してきた。自分で食べる用と、人に配る用。
IMG_2839

、、、一体ぼくはなにをやっているんだろうか。

 

しかしぼくは、このほとばしるうまさを、あなたに伝えたいのだ。スイーツ男子のぼくが自信をもっておすすめする、世界最高のチョコ菓子。

ほどよくしょっぱいクラッカー生地を、なめらかに包むチョコレート。絶妙な硬さと、生地の詰まり具合。「ピシャリだ。落とす気がしねぇ」

この世界最高のチョコ菓子(キミセカ調べ)を、ぜひあなたにも食べてもらいたい。だからぼくは今日も、チョコクラッカーを買って配るのである。

 

 

 

午後、屋上に行ってみると、カズマくんをはじめとする数名がマクラメを編んでいた。

大学生ハマちゃんに編み方を教えてもらい、さっそくぼくも編んでみた。
IMG_2850

このマクラメ、編んでいると夢中になってくる。楽しい。

 

 

 

黙々と編み続け、1時間ほどでミサンガが完成。左利き足なので、左足につけてみた。初マクラメ。
IMG_2853

意外と簡単に編めた。

いろいろな編み方があるようで、奥が深い。これからいろいろと編んでいきたいと思う。

 

 

昨日のハンドパンといい、マクラメといい、最近新しい趣味関心が増えてきていい感じだ。

 

 

 

マクラメの合間に、カサデルインカのとなりにある保育所的な施設へ遊びにいった。

建物に入るなり、抱きついてくる子どもたち。あ、かわいい。

 

”高い高い”をしてくれ、とせがむので、頭が天井につくぐらい”高い高い”してやると、キャッキャと大喜びしてくれる。

なにこれマジで癒し。
IMG_2851

「次はぼくだ!」「次は私よ!」と、どんどん群がってくる子どもたち。

 

 

しかし、連続で”高い高い”をやりすぎて、酸欠になってきた。クスコの空気はおそろしく薄いのだ。(標高3,400mなう)

子どもの欲求はとどまることを知らない。富士山九号目クラスの標高で、永遠に”高い高い”をやらされ続けるという試練。

 

「このままでは高山病になってしまう」

身の危険を感じたぼくは、たまらずカサデルインカに逃げ帰った。

 

 

 

今日もクスコには、やさしい時間が流れている。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

人気記事ランキング

Return Top