君の知らない世界一周物語

Read Article

脱サラ起業してみて感じたメリット・デメリットとは?

a0003_001808
どうも、なりです。

僕は東京で5年間サラリーマンをしたあと脱サラして、世界一周の準備ついでにパソコン1台で起業しました。

この記事では、サラリーマンと個人事業主(ネット広告業)のメリット・デメリットについて、僕の経験から書いてみたいと思います。

 

サラリーマンのメリット・デメリット

サラリーマンのメリット

  • 倒産等がない限り、毎月の給料が約束されている
  • 仲間と作り上げていく感があり、チームワークを楽しめる
  • 同僚・取引先と飲んだり、遊んだり、楽しい
  • 上司・先輩・同僚・取引先から学ばせてもらえる
  • 税金・確定申告等の公的手続きは会社がやってくれるので簡単

サラリーマンのデメリット

  • 休みが自由にとれない
  • 給料が大幅上昇しない(半年で月収が100倍になったりしない)
  • 就業時間が決まっている(遅刻厳禁)
  • 通勤&退勤の移動が疲れる

サラリーマン最大のメリットは、なんといっても固定給が約束されていることです。退職してみて痛いほど実感しました。毎月、固定給が銀行口座に振り込まれる安心感は偉大です。

 

個人事業主(ネット広告業)のメリット・デメリット

個人事業主(ネット広告業)のメリット

  • 半年で月収が100倍~1,000倍になることもある
  • 好きなときに休める
  • 休んでいても自動的に収入が発生する
  • 自宅でパソコン操作するだけなので、通勤しなくてよい
  • ネットとパソコンさえあればどこでも仕事ができる
  • 世界一周しながら稼げる!

個人事業主(ネット広告業)のデメリット

  • 毎月の給料が約束されていない
  • 稼げるようになるまで数か月かかる(人によっては数年)
  • 基本的に孤独な作業
  • 部屋に引きこもるので運動不足になる
  • 確定申告が面倒

個人事業主(ネット広告業)のメリット・デメリットは、サラリーマンとほぼ真逆です。

安定感はないですが、爆発力自由さがあります。これは僕の事例ですが、開始当初は5,000円だった月収が、半年後には50万円になりました。

とあるネット起業家は、大学時代に月収1,000万円とか、おかしな額を稼いでいました。しかし、彼のように異常な額を稼げるのは、ほんの一握りだと思います。

 

余談ですが、YouTubeに動画を投稿して、その動画に広告を掲載し、広告収入を得て生活する人を「ユーチューバー」といいます。日本でトップクラスのユーチューバーになれば、月収数百万円ほどは稼げるみたいです。

僕はYouTubeは趣味でしか使っていないので、詳しいことはわかりませんが…。

 

サラリーマンと個人事業主を両方やってみた感想

最後に、サラリーマンと個人事業主(ネット広告業)を両方経験した感想ですが、僕が感じたのは、「フェアじゃないな」ということ。

どういうことかというと、「こんなに自由な職業(ネット広告業)があるのに、なぜ大学の就職活動では、サラリーマンか公務員かみたいな選択肢しか一般公開されていないのか?」と感じたのです。

 

あなたも考えてみてください。

高校や大学の頃からこんな方法があると知っていたら、あなたはこの選択肢を無視したでしょうか?僕は無視できなかったと思います。なぜなら僕は、大学時代はネトゲ廃人だったし、インターネットが大好きだったから。

 

選択肢が増えると世界が変わる

勘違いしないでいただきたいのですが、僕はけっして、あなたに「インターネットビジネスをやろうよ」と言っているのではありません。ただ、知ってほしいのです。

「こういう職業もあるんだよ」と。

「こんな世界もあるんだよ」と。

 

すでに、インターネットビジネスは世界を変え始めています

下半身不随の障がい者の人が、パソコン1台で起業して稼げるようになったという例もあります。彼は「インターネットがなければ、自分は社会的に死んでいた」という旨のことを言っています。

 

世界には、フェアじゃない隠された選択肢が、まだまだ存在するはずです。

僕らの知らない世界を、一緒に知っていきましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

人気記事ランキング

Return Top