君の知らない世界一周物語

Read Article

軽さは正義。総重量5kgのバックパックの中身を公開!

bp1
どうも、なりです。

出発まであと2日となりました。

ダンシャリアンな僕は、総重量5kgという軽すぎるバックパックで出発します。(かわいすぎる海女、みたいな響きですね)

総重量5kgのバックパックは、世界一周旅行者の中では非常に軽いほうだと思います。(過去にK林さんという伝説のビニールぶくらーがいましたが、彼は別次元です。笑)

この記事では、僕のバックパックの中身を公開します。

 

総重量5kgのバックパックの中身とは?

バックパック内の荷物を並べて撮影した画像です。
↓(画像クリックで拡大)

バックパックの中身

バックパックの中身

※財布、パスポート、iPhoneなど、バックパックに入れないものは含まれていません。

※サブバッグは持っていきません。

※2014/6/29追記。タコ足(3口延長コード)も持っていくことにしました。

 

番号順に説明していきますね。

 

(1)圧縮袋に入れたダウンジャケット

僕は寝袋は持っていきません。重くてかさばるし、野宿はしないので。

ですが、飛行機の到着時間によっては、空港泊の可能性もあります。その際、気休め程度ではありますが、ダウンジャケットを毛布代わりに使えます。

また、北欧や南米南端など、寒い場所へも行く予定なので、厚手の服はいずれ必要になります。あと、長距離バスでクーラーが効きすぎているときなどにも、ダウンジャケットは役立ちそうです。

しかし、いかんせん重くてかさばるので、不要だと感じたら即捨てます。

 

(2)レインコート

100円ショップのレインコートです。

折りたたみ傘かレインコートかで迷いました。決め手は防御力の高さ

バックパックごとレインコートをかぶってしまえば、横殴りの雨でもバックパックを守ることができますよね。折りたたみ傘ではそうはいきません。

また、傘は片手がふさがってしまって不便というのも、レインコートを選んだ理由のひとつです。

 

(3)クリアファイル

クリアファイルには、以下のものが入っています。

  • トマティーナ2014チケットのコピー(スペインのトマト投げ祭り入場に必要)
  • 海外旅行保険契約証
  • 国際運転免許証
  • イエローカード(黄熱病予防接種証明書)
  • 証明写真1枚(5cm×5cm)

 

(4)ハーフパンツ

寝るとき・宿でリラックスするとき用のハーフパンツ。軽くて薄く、綿100%なので履き心地も良好です。

 

(5)着替え1日分

毎日洗濯するので、予備の着替えは1日分で十分です。

半そでTシャツ、タンクトップ、ボクサーパンツ、靴下。洗濯しても乾きやすいよう、薄さにこだわって選んでいます。

 

(6)速乾タオル

薄くて軽い、すぐ乾くタオル。

バスタオルのようなふき心地のよさはないけれど、まぁ我慢できるレベルです。荷物を減らすためには仕方ない。

 

(7)ポケットティッシュ×3

海外では、公衆トイレにペーパーがついていない場合も多いです。なので、僕はズボンのポケットに必ずポケットティッシュを入れています。その予備として。

 

(8)タオルハンカチ×1

タオルハンカチも、僕がズボンのポケットに常備しているもののひとつ。普通のハンカチと違って、タオルハンカチは生地も厚く、吸水力もあります。その予備として。

 

(9)日本手ぬぐい×2

日本手ぬぐいは、知られざる便利アイテムです。僕は以下のように使っています。

  • 日差しの強い日に、帽子代わりに頭に巻く
  • ドミトリー(宿)で照明がまぶしいとき、アイマスク代わりにする
  • ハンカチやタオルの代わりとしても使える

僕は日光に弱く、熱中症になりやすいので、日本手ぬぐいを頭に巻いていることが多いです。(帽子は重くてかさばるのでNG)

日本手ぬぐいは洗ってもすぐ乾くし、軽いので気に入っています。

 

(10)MacBook Air 11インチ

パソコンはブログ更新仕事に必須。アップル好きな僕は、もちろんMacBook Airです。

 

(11)周辺機器

チャックつきビニール袋に、以下の周辺機器を入れています。

  • モバイルバッテリー(iPhone用)
  • Lightning USBケーブル(iPhone用)
  • コンセントUSB変換プラグ(iPhone用)
  • SIMカードスロット取り出しピン(iPhone用)
  • ACアダプター(MacBook Air用)
  • 全世界対応プラグ(iPhone & MacBook Air用)

 

(12)スクラバウォッシュバッグ

携帯洗濯袋です。これに衣類と水と石けんを入れて、ゴシゴシと洗濯します。

釣り用の折りたたみ式バケツも検討しましたが、僕は新しいもの好きなので、スクラバウォッシュバッグにしました。

 

(13)ダイヤルロック×2

TSA準拠のダイヤルロックを2つと、長さ1mほどのワイヤーを持っていきます。

ドミトリーでは、見知らぬ旅人同士が複数名で同じ部屋で眠ります。旅人に盗人がいるとは考えたくないですが、最低限の防犯対策は必要です。宿の従業員による盗難もあるかもしれませんし。

バックパックの口に鍵をかけたり、バックパックをベッドにくくりつけたり。気休め程度ですが、盗難の不安を少しは減らすことができます。

 

(14)S字フック

海外の公衆トイレは、日本のものよりも、床が濡れていたり汚れていたりする場合があります。

そんなとき、荷物は個室のドアのフックにかけておきたいですよね。ところが、ドアに荷物をかけるためのフックがない場合があります。

そこで、S字フックが活躍するのです。すぐ取り出せるよう、バックパックのサイドポケットに入れてあります。

 

(15)洗面用具など

チャックつきビニール袋に、こまごまとしたものを入れています。リストは以下。

  • 歯ブラシ
  • 爪切り
  • 綿棒
  • 鼻毛切りバサミ
  • 耳栓
  • 石けん
  • ばんそうこう×5

石けんは重要アイテムです。頭・体・洗濯物を洗うときに使います。シャンプーは液体のため、そのままでは機内持ち込みできず面倒ですが、石けんなら問題なく持ち込めます。

 

(16)世界地図

コンパクトな折りたたみ世界地図。広げると、新聞紙片面ぐらいの大きさになります。

国の場所や距離感を確認したり、旅のルートをあれこれ考えたり。世界地図を眺めていると楽しくなり、テンションが上がります。頭の中にBGM「ウィーアー!」が流れます。

また、旅人同士で世界地図を見るのも盛り上がります。

iPhoneのグーグルマップにはない楽しさが、紙の地図にはあると思うんです。

 

(17)物干しロープ

100円ショップで買った物干しロープ。部屋やベランダにロープを張り、洗濯物を乾かします。

シャツのそでにロープを通して干せば、ハンガー不要ですね。

 

(18)トイレットペーパー

ヒモを通したトイレットペーパーです。

海外のドミトリーや公衆トイレなどでは、トイレットペーパーが常備されていない場合も多いです。なので、トイレットペーパーは各自で用意するのが原則。

ヒモを通してあるのは、首からさげて両手をフリーにするためです。

 

(19)ビーチサンダル

履き慣れたビーチサンダル。

国の移動や長距離の観光などはスニーカーですが、それ以外のときはスニーカーを部屋に置き、ビーサンでブラブラと過ごします。ビーサンは軽いし、素足が気持ちいいので好きです。洗濯物(靴下)も減るので一石二鳥。

クロックスも検討したのですが、重くてかさばるので却下となりました。

 

バックパックの中身説明は以上です。

 

荷物を減らして、勇気を増やしたい

荷物を減らすと、「これがなくてもやっていけるだろうか?」という不安が頭をよぎります。しかし、不安が生じるということは、勇気の種が生まれるということです。

勇気とは、不安に立ち向かう心弱い自分を克服していく力常識を疑っていく心構え異なる価値観を許容する姿勢自由な思考を可能にするキッカケです。

僕はいつも、そうやって勇気を奮い立たせて、自分を変えてきました。その姿勢は今後も変わることはありません。当ブログ「キミセカ」では、勇気の言葉を語り続けていきます。あなたも僕と一緒に、勇気を磨いていきましょう。

それではまた!

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. どっかで服買う予定ならいいけど、移動続くと服全然洗濯出来ないからTシャツだけでももう1枚必要!あとタコ足ないと不便だよ。安宿コンセントの位置おかしいからwあと、ポケットティッシュは絶対いらない。トイレットペーパーちぎって持って行けばおk!

    • なり@管理人

      >のっち

      アドバイスありがとう。体調は戻った?

      そうだね、この装備は寒い場所はあまり考慮してなくて、必要最低限の服は現地調達するつもりだし、増減あると思う。

      タコ足はまだ迷ってる。MacBookをタコ足代わりに、USB接続でiPhoneとかモバイルバッテリーとか充電できるし、タコ足不要かなと思ってたんだけど…

      トイレットペーパーちぎって持って街歩き?その発想はなかった…。

      出発まであと2日あるし、再考してみる。ありがとう~!

  2. 徹底感がすごいですね☆
    とっても素敵だし、キープできていることは強い意志を感じられますが、
    ただ、Peruに住んでいると、捨てるっという言葉に違和感が。。。。
    必要でなくなったら、 必要としている人にぜひ譲ってあげてくださいね。

    旅ブログ楽しみにしております。

Leave a Reply

*

人気記事ランキング

Return Top