君の知らない世界一周物語

Read Article

超軽量!総重量5kgのバックパックで旅立つ理由とは?

写真 2014-06-23 12 56 08
どうも、なりです。

旅人の必需品、バックパック。

登山に使われる大きなリュックサックと言ったほうがわかりやすいかもしれません。

多くの世界一周旅行者はバックパックを背負って旅に出ます。

あるいは、最近ではコロコロ(車輪)のついたバックパックを利用する人も増えています(スイッチバックというやつですね)。

この記事では、総重量5kgという軽すぎる荷物で旅立つ理由をまとめました。

 

バックパック容量は34リットル。総重量5kg

僕が持っていくのは「THE NORTH FACE BIG SHOT」というバックパックです。容量は34リットル、中身を詰め込んだ総重量は5kgです。サブバッグは持っていきません。

世界一周旅行者が使うバックパックとしてはかなり小さめだと思います。

僕が知る限り、ほとんどの世界一周旅行者は、50リットルや60リットルの大きなバックパックを背負っているか、あるいはコロコロつきの70リットルや80リットルのものを使っています。重量も10kg~20kgというのが一般的です。

 

僕も最初は、容量80リットルのコロコロつきバックパックにしようと思っていたんです。一時期は、オスプレーのソージョン28(容量80リットル)を購入して使ってみたりもしました。

ですが、準備途中で考えが変わり、超軽量スタイルで旅に出ることにしました。

 

荷物の数は不安の数。「捨てる力」を磨きたい

僕が超軽量スタイルで旅立つことにしたのには、いくつか理由があります。

  • 「捨てる力」を磨きたいから。
  • 重いのは肉体的・精神的に疲れるから。
  • 飛行機で機内持ち込みしたいから。

特に重要視しているのは「捨てる力」です。

僕は最近、「なくてもなんとかなる」という思考を心がけるようにしています。それはある種の「許し」であり、ガンジーも言っているように、「許せることが強さの証明」だからです。

僕は今よりももっと強い人間になりたい。だから旅に出て、思考力や行動力を鍛えたいと思ったのです。

 

新しい何かを手に入れられる人は、古い何かを捨てられる人です。

 

モノだけでなく、価値観、先入観、プライド、環境や肩書き。「慣れ親しんだ何か」を捨てるのはとても勇気がいります。

ですが、捨てるのに勇気がいるものほど、捨てたあとには大きな変化が必ず訪れます。それは僕の経験則だけでなく、歴史上の偉大な発見や、現在流行しているモノを見てみても明らかです。

僕と一緒に知らない世界を知って、あなたも既成概念をどんどんぶっ壊していきましょう。そこから新しい思考や価値観が生まれ、行動が変化し、人生が変化するのです。

 

主人公は「あなた」

古い価値観を捨てて、新しい価値観を受け入れ、新しい世界に飛び込んでみると人生が変わります。僕はいつも、そうやって自分の人生を変化させてきました。価値観が変わると、悩みが減って、もっと笑顔が増えて、生きやすくなります

この旅でも、僕の人生は予想もしない方向へ変化していくであろう、と確信しています。

 

そして、ここが一番重要なのですが、キミセカ読者であるあなたの人生も、大きく変わると思います。

あなたの貴重な時間をいただいてブログ記事を読んでもらうわけですから、その数分間は絶対に無駄にさせません。

僕はこのブログで、日本の未来が変わると本気で思っています。その第一歩として、まず僕自身と、読者であるあなたの思考を変化させるべく、僕は旅に出るのです。

※次の記事では、バックパックの中身を公開しています。軽量化の工夫も必見!
⇒軽さは正義。総重量5kgのバックパックの中身を公開!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

人気記事ランキング

Return Top