君の知らない世界一周物語

Read Article

安くてうまい!シンガポールの庶民的料理「ナシレマ」とは?

7月6日、日曜日。

起床後、朝食もとらずにブログを書いていたら、11時になっていた。

腹が減った。ブランチの時間。

 

昨日、動物園から帰るときに乗ったタクシー。その運転手・ポーに教えてもらったナシレマ屋さんに、さっそく行ってみよう。

 

ナシレマとは、ココナッツミルクで炊いたライスの上に、何品かのおかずが盛られた料理のこと。3シンガポールドル程度(約250円)から食べられる。のせるおかずの数によって値段が微妙に高くなるけれど、どんなに高くても5.5シンガポールドル程度(約450円)と安い。

ポーに教えてもらってから気づいたのだが、ナシレマ屋さんはシンガポールの街中いたるところにあった。

 

ナシレマの注文方法は簡単。

ガラスケース越しにいろいろなおかずが置かれているので、それを指差す。すると、ライスを盛った皿の上に、店員がおかずをどんどんのせていくのだ。

写真 2014-07-06 10 51 52

 

値段は、1肉1野菜がいくら、1肉2野菜がいくら、といった感じで、わかりやすく書いてある。

ナシレマの料金体系

ナシレマの料金体系

 

 

記念すべき初ナシレマはこちら。2肉2野菜で、5.4シンガポールドル(約440円)。

ナシレマ

ナシレマ

ココナッツミルクで炊いたライスがパラパラとうまくて、ライスだけでもイケる。

安くてうまいし、料理を選ぶのも楽しい。ナシレマ、気に入った。

 

 

近所を散歩したり、昼寝したり、ネットサーフィンしたり、電子書籍を読んだり。

観光らしいことを一切しないというのも、旅の醍醐味である。現地の生活感に触れながら、ゆっくりと過ごす。たまらなく贅沢な時間。

 

 

夕食もナシレマ。今度は散歩中に見つけたナシレマ屋さんに入ってみた。広めのイートインスペースで、活気もある。

写真 2014-07-06 18 22 55

写真 2014-07-06 18 23 06

写真 2014-07-06 18 26 03

2菜2肉で3.9シンガポールドル(約320円)。からあげと酢豚っぽいやつがうまかった。

 

こういった庶民の飯屋は、安くてうまいだけではなく、現地人の客が多いので生活感があって好きだ。これから先、世界中の庶民的料理を楽しんでいきたい。

 

一昨日はカジノで数分で200シンガポールドル(約16,000円)を使い、昨日は半日で200シンガポールドルを使い、今日は1日で10シンガポールドル(約820円)しか使わなかった。

シンガポールには、いろいろなお金の使い方があるものだと感心する。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

人気記事ランキング

Return Top