君の知らない世界一周物語

Read Article

料金は?パスポート増補 inブエノスアイレス

この旅の現在の訪問国数は46か国。

最近は国境を頻繁に越えており、そのたびに出入国スタンプを押されるので、パスポートの残りページ数が心配になってきた。

というわけで、アルゼンチン・ブエノスアイレスにてパスポートの増補をすることにした。

※パスポートの増補とは?⇒10年間有効のパスポートには、出入国スタンプを押すページ(査証欄)が48ページある。この査証欄のページ数を増やすことを”増補”という。増補は1冊のパスポートにつき1回限り可能で、査証欄が40ページ増える。

 

査証欄がいっぱいになると、そのパスポートはもう使えなくなってしまう。

ぼくのパスポートにはまだあと10数ページほどの空白ページがあるが、出入国のたびにヒヤヒヤするのは精神衛生上よろしくないので、このタイミングで増補することにした。

 

パスポートの増補は日本を出発する前に日本国内で済ませてくる旅人も多い。しかし、増補は海外の日本大使館でもできるのだ。

 

 

ブエノスアイレスのラバージェ通り(Lavalle)を東に歩くと見えてくる大きなビル。
IMG_3759

渋谷クロスタワーを思わせる外観のビルだが、ここに日本大使館が入居している。

エントランスロビーには厳重なゲートがあり、警備員がいる。

 

受付でパスポートを見せて用件を伝えると、ゲートを通過するためのカードキーがもらえる。

ゲートを通過し、エレベーターで15階へ向かう。
IMG_3757

 

じつはぼくは今回が初めての大使館訪問だ。少し緊張する。

 

 

いざ入室。

窓口で申請用紙をもらって記入する。

窓口の女性に、記入した申請用紙とパスポートを渡すと、「明日の9時以降に受け取りに来てください」と言われた。この女性から聞いたのだが、パスポートの増補は通常、申し込んだ日の翌営業日に受け取ることができるらしい。

 

ブエノスアイレスの日本大使館の営業時間は以下。

■月曜日〜金曜日のみ営業

■営業時間
9時〜12時30分
14時30分〜17時

 

長めの昼休みがあるので注意が必要だ。ぼくは14時に訪問したのだが、14時30分まで待つように言われたので、1階のソファーで待った。

 

 

 

 

翌日、パスポートを受け取るために日本大使館を再度訪問した。

増補手数料190ペソ(約1,900円)を支払い、増補済みパスポートを受け取ることができた。
IMG_3769

この写真ではわかりにくいが、しっかりと40ページ分の査証欄が追加されていた。

2015年4月現在、日本国内では増補手数料は2,500円なので、少しだけ得をした感じがする。

 

 

これでしばらくは、査証欄の残りページ数にビクビクしなくて済みそうだ。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

人気記事ランキング

Return Top